カテゴリ: 京急

この日は4直の記録しに行きました

1280337


3418F エアポート快特羽田空港行き

1280338


京成3400形のエアポート快特羽田空港行き

新型の3100形がデビューしてから3400形は京急線の乗り入れが減ってきた気がします 3400形は元々5編成しかなくその内トプナンの1本は離脱したので現在は4編成走ってます あとは日中の高砂・青砥~羽田空港間の速達運用に入る機会も少なかったのでこの運用に入った時も嬉しかったです

個人的に3400形は京成本線の運用か西馬込方面の運用が多いイメージです

1280341


エアポート快特の側面幕 このまま3400形に乗車

DSC_3274


京急線内は快特に種別変更、しかし京成車に快特幕はないので快速特急表示に この運用は京成線内は快速特急 浅草線はエアポート快特で京急線内は快特と種別がコロコロ変わる4直ならではの事ですね!

1280352


羽田空港まで乗車し折り返しはエアポート急行泉岳寺行きになりました

1280355


側面幕

1280354


1280356


車番と京成のロゴプレート

DSC_3282


そして終点泉岳寺に到着すると回送となり引き上げ、3400形を見送ります

この後、後続の高砂行きで高砂へ行き金町線に乗り換え

DSC_3287


3668f

金町線のヌシ?になった3600形ターボ君 この編成は4両全てが先頭車で構成されてる上にVVVFというネタ編成 リバイバルカラーの3688fに比べこちらは青帯が残ってます

京成金町で下車し今回はここまでになります

この日は京成3700形が成田スカイアクセス系統の運用に入ってたので急遽出撃 各地では成田スカイアクセス系統の運用に入った3700形目当ての撮影者が平日にもかかわらず非常に多かったです!

日本橋からスタート

1270455


9108F 快特羽田空港行き

まず着いたら北総9100形がお出迎え

1270460


3788F 西馬込行き

3700形の西馬込行き

1270465


3728F エアポート快特羽田空港行き

今回のメイン車両です! 3700形のアクセス特急はアクセス線系統の3100形に不具合や車両不足になった時等 よほどのイレギュラーが無いと走る事は無いので珍しいです! 昔は良く3050形の検査時によく入ってたのですが今では殆ど入る事がないのでやはり珍しいです

DSC_2473


今回はアクセス線系統の運用なので日中の京急線内はエアポート快特で走ります 京急線内で3700形のエアポート快特は通常だと殆ど見られないので違和感があります 普段は快特かエアポート急行なので

終点の羽田空港国内線ターミナルまで乗車

1270474


折り返しは成田スカイアクセス線経由のエアポート急行成田空港行きになりました

成田スカイアクセス系統の運番は01K~11Kなので3700形が成田スカイアクセス系統で走ってる証です

1270476


1270477


側面幕もちゃんと成田スカイアクセス経由と表記されてます

DSCPDC_0002_BURST20200819162505657_COVER


そして車内のLCDも成田スカイアクセス経由となってます

DSC_2490


途中品川からアクセス特急に種別変更 京急線内で他社の種別であるアクセス特急の表示されてるのも驚きです

1270496


DSC_2496


京成高砂で下車し3700形を見送りました

1270499


後追いも やはり3700形のアクセス特急は今では滅多に見られないので貴重です!

1270508


3768F 快速特急京成成田行き

3700形の快速特急で京成船橋まで乗車

DSC_2507


DSC_2509


3868F 快速特急芝山千代田行き

最後に顔が3000形ベースの3700形を撮影し終わります 今日だけで3700形がこんな沢山見られるとは…

※この記事は1月1日に記録した記事です

去年に引き続き今回も終夜運転で川崎大師に初詣

東西線浦安駅からスタート

DSC_0024


DSC_0023


まず東西線に乗って日本橋で都営浅草線に乗り換え

DSC_0027


浅草線の終夜運転は一本で京急線に行けないので泉岳寺で始発の横浜行きに乗り換え京急川崎で下車

京急の横浜行きは終夜運転の時にしか見られない行先なので本当に貴重です!!

DSC_0028


横浜行きしか表示してないパタパタ表示器も珍しいです

DSC_0031


そして今回のメインである大師線に乗車

1500形銅製車で特製のヘッドマーク付き

DSC_0033


DSC_0036


やはり年末とだけにかなりの混雑ですが無事、参拝を終え駅に戻ります

DSC_0043


京急川崎に戻った後 1500形の横浜行きも記録 そして泉岳寺行きで京急蒲田へ

DSC_0046


1番線に留置されてたブルスカの600形606f

DSC_0047


DSC_0048


去年と同く年始に運転される浅草線から直通してきた2100形初日1号の記録

DSC_0055


最後に5300形の特急青砥行きに乗って帰宅

本日は川崎大師に用事があるので京急線に乗車してきました 日本橋からスタート

DSC_2232


7503f 快特羽田空港行き

まず来たのは北総7500形に乗って泉岳寺で後続の快特三崎口行き乗り換え

DSC_2238


途中車内からですが品川で1033fとのすれ違いも最後のドレミファ編成もいつまで持つか?

DSC_2241


泉岳寺から京急川崎まで乗った快特三崎口は京急自慢の2100形

DSC_2246


京急川崎では未だにパタパタ表示器が現役です、新逗子から逗子・葉山に駅名が変更されてもまだまだ現役とは…

DSC_2250


1509f 小島新田行き

京急大師線は1500形銅製車がメインになってます これで川崎大師まで乗車

DSC_2252


DSC_2255


ここで下車し徒歩で川崎大師の平間寺へ

DSC_2257


川崎大師といえばやはり厄除けで有名な所になってます!

DSC_2261


DSC_2267


参拝を終えた後、駅まで戻り再び京急に乗って羽田空港国内線ターミナルまで移動

DSC_2269


京急川崎から乗ってきた1000形トプナンは逗子・葉山行きになりました それにしても未だ新逗子のイメージがあるので逗子・葉山行きにはまだどうしても慣れません…

DSC_2272


9118f 快特印旛日本医大行き

9100形で写真は羽田空港行きとなってますがこの後ちゃんと折り返し印旛日本医大行きになりました

9100形はかなり独特な雰囲気の車両で私は好きです

DSC_2277


3154f エアポート快特成田空港行き(成田スカイアクセス経由)

今回乗車する車両はまさかの京成で一番新しい3100形でした! まさか運用表を見ないで偶然当たるとは…! 今回初撮影で初乗車となります

DSC_2280


側面幕

DSC_2284


車内LCD

DSC_2291


日本橋まで乗車し3100形とお別れ 新型なだけになかなか乗り心地は良かったです!

今回はここまでになります!

https://www.keikyu.co.jp/company/news/2018/20190329HP_18256EW.html

イメージ 1


遂に公式でアナウンスされてしまいました…


イメージ 2


イメージ 3


ダルマこと京急800形と言えば品川~浦賀間の普通で活躍してるイメージが強いですが少し前まで羽田空港に乗り入れて快特や特急で走ってた事もありました

昔は川崎~新逗子間の急行でも使われてた事もありましたね

京急800形は京急伝統の前面1つライトに片開きドアが4扉で800形が引退すれば全て消滅します

800形は先頭に貫通扉が付いてない為都営浅草線、泉岳寺の乗り入れが出来ないで品川止まりでした

あと普通向けに作られ加速度に重視したので高速運転きは向かず快特・特急運用には不向きだったらしいのですが加速力が半端ないです…(;・∀・)

後輩の2000形引退からちょうど1年、ようやく800形の引退と考えると早いものです

800形の引退で京急の最古参は1500形になる時代が来るとは…

800形は京急初のローレル賞受賞で本当に名車でした

今回はここまでになります

↑このページのトップヘ