カテゴリ: 京成

この日は武蔵野線と再び4直の記録に行きました

DSC_3289


209系M73編成 東京行き

武蔵野線から遂に205系が居なくなり209系とe231系の2形式体制となりました 205系が居なくなったので武蔵野線からも撮影者がほとんど居なくなり、2週間前までの盛り上がりが嘘みたいです

DSC_3293


e231系MU36編成 府中本町行き

武蔵野線の主力となったe231系

DSC_3297


209系M82編成 府中本町行き

武蔵野線の編成数は e231系は34編成で209系は11編成となっており私は少数派の209系の方が好きです

どちらも見た目はほぼ同じ形式ですがちゃんと比較すると違いが多いので奥が深いです!

DSC_3300


e231系MU20編成 府中本町行き

この編成は初めて遭遇した編成で初記録

DSC_3303


209系M72編成 府中本町行き

M71~M73のグループは京葉線から転属してきた編成です 総武線からの転属車と違い自動放送が非対応となってます

DSC_3304


あと車内のには103系と比較するステッカーがあります 最近はこのステッカーです撤去されてるパターンが多いですが武蔵野線の209系には残されてます(M71~M73の3本) これも209系の特徴とも言えます

M72編成に乗って新松戸で常磐線に乗り換え

DSC_3305


MU37編成 東京行き

DSC_3308


e531系とe231系の並び 松戸で上野東京ラインに乗って品川へ

DSC_3310


DSC_3312


品川ではe657系のひたち19号仙台行きが居ました

実際に品川から仙台まで乗り通すと約5時間ととんでもなく凄い時間です…( ; ゜Д゜)

ここで京急線に乗り換え

DSC_3314


北総9200形と京急2100形の並び 9200形は1編成しかないレア編成です!

5500形のエアポート快特青砥行きで青砥へ向かいます

DSC_3317


快速特急表示になってますね

DSC_3319


最近青砥には一部のスカイライナーが停車するようになりました

DSC_3321


3154f アクセス特急羽田空港行き

京成で最新の3100形! 新車なのかと物珍しそうに撮影してる人がちらほらと

DSC_3323


3448f 快速特急京成上野行き

狙ってた3400形の快速特急

DSC_3325


3400形と3100形の新旧の並び

DSC_3329


最古参の3500形もいつ居なくなるか分からないので今の内に記録、京成線は置き換えられる3400形・3500形の記録を最優先する事をオススメします

DSC_3332


9128f 普通羽田空港行き

私のお気に入りである北総9100形! この斬新なデザインが好きです

DSC_3334


9100形の特徴ともいえるクロスシート ここに座ったらもう終点までずっと乗ってたい位座り心地が良いです() 人形町で下車

DSC_3337


3788f 快速成田空港行き

今まで西馬込~佐倉間の快速はダイヤ改正で成田空港まで延長され浅草線からの成田空港(本線経由)行きが当たり前になりました

DSC_3341


3768f 普通西馬込行き

3700形も私の好きな車両です 1991年の登場からもうすぐ30年経過しますが全く古さを感じません!

DSC_3343


9808f 普通印旛日本医大行き

こちらも1編成しかないレア編成の1つ9800形 元京成3700形3738fをリースした編成です

DSC_3345


605f 普通青砥行き

京急では600形が一番好きです こちらは1994年に登場しましたがやはり古さを全く感じません

DSC_3347


1089f 快特京急久里浜行き

ステンレスの1000形、通称銀1000形

DSC_3348


7808f 快特羽田空港行き

7300形には2つのグループがあり、1つは北総生え抜き編成でもう1つは3700形のリース編成 こちらは後者のグループで元京成3700形3808fをリースした編成です

DSC_3351


3428f 快速成田空港行き

まだ3400形の快速成田空港行きは未撮影で記録出来て良かったです

DSC_3353


3052f 普通西馬込行き

元はスカイアクセス線系統で活躍してた3050形ですが新型の3100形に役割を譲り京成本線仕様になり、塗装も通常の3000形と同じになりました

これで日比谷線に乗り換えて終わります

この日は4直の記録しに行きました

1280337


3418F エアポート快特羽田空港行き

1280338


京成3400形のエアポート快特羽田空港行き

新型の3100形がデビューしてから3400形は京急線の乗り入れが減ってきた気がします 3400形は元々5編成しかなくその内トプナンの1本は離脱したので現在は4編成走ってます あとは日中の高砂・青砥~羽田空港間の速達運用に入る機会も少なかったのでこの運用に入った時も嬉しかったです

個人的に3400形は京成本線の運用か西馬込方面の運用が多いイメージです

1280341


エアポート快特の側面幕 このまま3400形に乗車

DSC_3274


京急線内は快特に種別変更、しかし京成車に快特幕はないので快速特急表示に この運用は京成線内は快速特急 浅草線はエアポート快特で京急線内は快特と種別がコロコロ変わる4直ならではの事ですね!

1280352


羽田空港まで乗車し折り返しはエアポート急行泉岳寺行きになりました

1280355


側面幕

1280354


1280356


車番と京成のロゴプレート

DSC_3282


そして終点泉岳寺に到着すると回送となり引き上げ、3400形を見送ります

この後、後続の高砂行きで高砂へ行き金町線に乗り換え

DSC_3287


3668f

金町線のヌシ?になった3600形ターボ君 この編成は4両全てが先頭車で構成されてる上にVVVFというネタ編成 リバイバルカラーの3688fに比べこちらは青帯が残ってます

京成金町で下車し今回はここまでになります

この日は京成3700形が成田スカイアクセス系統の運用に入ってたので急遽出撃 各地では成田スカイアクセス系統の運用に入った3700形目当ての撮影者が平日にもかかわらず非常に多かったです!

日本橋からスタート

1270455


9108F 快特羽田空港行き

まず着いたら北総9100形がお出迎え

1270460


3788F 西馬込行き

3700形の西馬込行き

1270465


3728F エアポート快特羽田空港行き

今回のメイン車両です! 3700形のアクセス特急はアクセス線系統の3100形に不具合や車両不足になった時等 よほどのイレギュラーが無いと走る事は無いので珍しいです! 昔は良く3050形の検査時によく入ってたのですが今では殆ど入る事がないのでやはり珍しいです

DSC_2473


今回はアクセス線系統の運用なので日中の京急線内はエアポート快特で走ります 京急線内で3700形のエアポート快特は通常だと殆ど見られないので違和感があります 普段は快特かエアポート急行なので

終点の羽田空港国内線ターミナルまで乗車

1270474


折り返しは成田スカイアクセス線経由のエアポート急行成田空港行きになりました

成田スカイアクセス系統の運番は01K~11Kなので3700形が成田スカイアクセス系統で走ってる証です

1270476


1270477


側面幕もちゃんと成田スカイアクセス経由と表記されてます

DSCPDC_0002_BURST20200819162505657_COVER


そして車内のLCDも成田スカイアクセス経由となってます

DSC_2490


途中品川からアクセス特急に種別変更 京急線内で他社の種別であるアクセス特急の表示されてるのも驚きです

1270496


DSC_2496


京成高砂で下車し3700形を見送りました

1270499


後追いも やはり3700形のアクセス特急は今では滅多に見られないので貴重です!

1270508


3768F 快速特急京成成田行き

3700形の快速特急で京成船橋まで乗車

DSC_2507


DSC_2509


3868F 快速特急芝山千代田行き

最後に顔が3000形ベースの3700形を撮影し終わります 今日だけで3700形がこんな沢山見られるとは…

京成3400形3408Fが運用離脱して廃車になりました

3400形は1993年に登場しましたが実は足回りは初代AE形を流用してるのでこちらは40年以上経過し老朽化が進んでました

トップナンバー3408Fの車体年数は27年で足回り1972年製でなんと48年も経過してた事になります

3400形が登場した直後は6両編成で運用された事もありさらにこの編成は短期間だけですが北総線にリースされた実績もあります

京成3400形は45kmで回生失効するから乗り入れ先の浅草線や京急線の運転士も扱いが大変だから不評みたいです

3400形の置き換えは新型の3100形3153F・3154Fが新製され3050形3053F・3054Fが本線向け改造された玉突きで3658F・3408Fが玉突き廃車になったと思われるのでこれで辻褄が合います リバイバルカラーになった3688Fは6両されたので

パンタグラフが外された情報があるので3408Fの廃車はほぼ確定になったので3400形初の廃車発生になりました…

私は都営浅草線をよく利用してますが3400形は時々京急線に直通する電車を利用するのでその時に何度かお世話になった事があり愛着があります

3408Fお疲れ様でした!

1270227


この間の偶然記録した1枚が最後になるとは…

本日は川崎大師に用事があるので京急線に乗車してきました 日本橋からスタート

DSC_2232


7503f 快特羽田空港行き

まず来たのは北総7500形に乗って泉岳寺で後続の快特三崎口行き乗り換え

DSC_2238


途中車内からですが品川で1033fとのすれ違いも最後のドレミファ編成もいつまで持つか?

DSC_2241


泉岳寺から京急川崎まで乗った快特三崎口は京急自慢の2100形

DSC_2246


京急川崎では未だにパタパタ表示器が現役です、新逗子から逗子・葉山に駅名が変更されてもまだまだ現役とは…

DSC_2250


1509f 小島新田行き

京急大師線は1500形銅製車がメインになってます これで川崎大師まで乗車

DSC_2252


DSC_2255


ここで下車し徒歩で川崎大師の平間寺へ

DSC_2257


川崎大師といえばやはり厄除けで有名な所になってます!

DSC_2261


DSC_2267


参拝を終えた後、駅まで戻り再び京急に乗って羽田空港国内線ターミナルまで移動

DSC_2269


京急川崎から乗ってきた1000形トプナンは逗子・葉山行きになりました それにしても未だ新逗子のイメージがあるので逗子・葉山行きにはまだどうしても慣れません…

DSC_2272


9118f 快特印旛日本医大行き

9100形で写真は羽田空港行きとなってますがこの後ちゃんと折り返し印旛日本医大行きになりました

9100形はかなり独特な雰囲気の車両で私は好きです

DSC_2277


3154f エアポート快特成田空港行き(成田スカイアクセス経由)

今回乗車する車両はまさかの京成で一番新しい3100形でした! まさか運用表を見ないで偶然当たるとは…! 今回初撮影で初乗車となります

DSC_2280


側面幕

DSC_2284


車内LCD

DSC_2291


日本橋まで乗車し3100形とお別れ 新型なだけになかなか乗り心地は良かったです!

今回はここまでになります!

↑このページのトップヘ